Java 記事

【Java】LocalDateとLocalTimeをLocalDateTimeに変換する方法

記事のターゲット

  • 日付と時刻を分けて扱っているがDB登録時にはまとめたい人

 

方法

DBの設計では日時として扱っていてもフォーム画面の兼ね合い等で日付と時刻とで分けて実装することが多いのですが、今回はそれをまとめる方法を見ていこうと思います。

まず最初に適当な日付を定義します。その後LocalDateTime.of()で日付と時刻を合体させます。

public static void main(String[] args) {
        LocalDate localDate = LocalDate.of(2020, 5,25 );
        LocalTime localTime = LocalTime.of(15, 30);

        System.out.println(LocalDateTime.of(localDate, localTime));

    }

実行結果の中にあるTの文字やハイフンを別の文字に変えたい場合は以下のように実装します。

DateTimeFormatterを使用して自分の好きな形に日付を表示させます。

public static void main(String[] args) {
        LocalDate localDate = LocalDate.of(2020, 5, 25);
        LocalTime localTime = LocalTime.of(15, 30);

        LocalDateTime localDateTime = LocalDateTime.of(localDate, localTime);

        DateTimeFormatter datetimeFormatter = DateTimeFormatter.ofPattern("yyyy/MM/dd/ HH:mm:ss");

        String convert = datetimeFormatter.format(localDateTime);

        System.out.println(convert);
}

まとめ

Java8以降日付の扱いががらりと変わっているので慣れるまで時間がかかると思いますが、慣れるために積極的に使用していきましょう。

スポンサーリンク

-Java, 記事
-, , , , , ,

© 2022 ビギテック